So-net無料ブログ作成

第2回交詢社フォーラム開催 「美しい日本語」を考える(産経新聞)

 福沢諭吉が明治13年に創設した日本最古の社交機関、交詢(こうじゅん)社の第2回オープンフォーラム(産経新聞社後援)が13日、東京都千代田区のサンケイプラザで開かれた。

 「美しい日本語」をテーマに立命館大教授、加地伸行氏らの基調講演やパネルディスカッションが行われ、500人以上が熱心に耳を傾けた。

 加地氏は「歴史や伝統、文化を背景に展開してきた美しい日本語を『国語』と呼ぶ」と述べ、漢字や古典教育の重要性を指摘。栗林忠道陸軍中将など戦中の軍人の言葉を紹介し、「美しい人間の心が、美しい国語をつくる」と強調した。

 後半は、作家で日本ペンクラブ会長の阿刀田高(たかし)氏▽安倍晋三元首相▽「子供たちに美しい日本語を伝へる会」主宰の土屋秀宇(ひでお)氏▽世田谷区教育委員会の若井田正文教育長らが登壇。日本語の過去と未来について熱い議論を交わした。

小惑星探査機 「はやぶさ」最後の軌道修正に成功(毎日新聞)
帯状疱疹後神経痛治療剤リリカカプセル、22日に新発売(医療介護CBニュース)
アフリカ料理、新メニュー続々…W杯開幕合わせ(読売新聞)
消費税上げ閣僚評価 官房長官「総選挙前提」(産経新聞)
<参院選>谷垣総裁目標低すぎ?「40議席台」(毎日新聞)

介護職員「キャリアパス要件」のモデルを例示―厚労省(医療介護CBニュース)

 厚生労働省はこのほど、介護職員処遇改善交付金の「キャリアパス要件」に関し、事業者団体などがまとめた7つの「モデル」をホームページ上に公表した。同交付金受給のためには、9月末までに介護職員の能力や経験に応じた処遇を行うキャリアパスの制度を定めなければならない。

 モデルを策定したのは、日本在宅介護協会、日本生活協同組合連合会、特定施設事業者連絡協議会、全国社会福祉施設経営者協議会、全国老人福祉施設協議会、全国老人保健施設協会、日本慢性期医療協会の7団体。

 厚労省は、公表されたモデルはあくまで一例であり、交付金支給の要件として示しているものではないとしている。また、同省は今後、他の団体から同様にキャリアパスモデルが提供されれば、追加して公表する方針だ。


【関連記事】
介護従事者の雇用管理・キャリアアップモデルを策定―特定協
介護職員処遇改善交付金の実施要領を改正―厚労省
有料老人ホームなども検討へ−介護職員の医療行為
介護が政治に望むこと(6)「介護福祉士からキャリアアップできる専門資格を創出し、人材確保を」―介護福祉士会・石橋真二会長
介護など新成長分野で「キャリア段位」導入へ検討開始―政府

福島で震度3(時事通信)
地域交付金、抜本見直しを=省庁版事業仕分けで―内閣府(時事通信)
<世界自然遺産>推薦の小笠原諸島を審査へ IUCN(毎日新聞)
菅、樽床氏の争いへ=4日に民主代表選(時事通信)
<訃報>辻村公一さん88歳=京都大名誉教授(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。